小顔を作る美容医療|魅力的な目元にする|評判のいいクリニックで二重整形を受けよう
ウーマン

魅力的な目元にする|評判のいいクリニックで二重整形を受けよう

小顔を作る美容医療

目

外科手術のリスク

小顔整形は美容医療の分野で人気の高い整形です。顔が大きいことにコンプレックスを持っている人でも、整形をしてしまえばモデル並みの小顔になります。小顔になることで自分に自信が持てるようになり、ファッションの幅も広がります。小顔整形には骨を削る外科手術や、フェイスラインについた脂肪を取る治療などがあります。顎や頬やエラ骨を削る小顔整形は、一生小顔になります。ただし、全身麻酔下で行う手術なので、大きなリスクを伴います。最近は外科手術をしている美容外科が少ないので、クリニック選びはとても苦労します。また、手術費用は100万円以上するのが一般的です。半永久的な効果にこだわらないなら、外科手術よりもリスクが低いプチ整形をするのがお勧めです。

切らなくても小顔になる

実際に今はプチ整形で小顔を作る人が増えています。顔についた脂肪の厚みを取るには、脂肪溶解注射や、サーマクールなどがあります。薬剤を注射して脂肪細胞を溶解するのが脂肪溶解注射です。脂肪細胞が尿と一緒に排出されるので、小顔効果がほぼ一生持続します。サーマクールはたるみ治療で有名なマシンです。高周波を顔にあて、組織のタイトニングを行います。サーマクールは顔の引き締め効果が高い治療で、小顔整形目的でも使われています。エラボトックスも小顔になるプチ整形の一つです。耳の下の部分にあるエラの部分にボトックスを注射すると、咬筋が収縮して引き締まります。注射だけでまるでエラ骨を削ったようにシャープになる人気の治療です。